【日光市】「線」表現の究極を見にいきませんか?小杉放菴記念日光美術館で2月10日(土)から始まります。

「線」は描くことの始まり。真っ白いキャンパスに描かれた「線」は究極の表現方法なのかもしれませんね。ひとつひとつの線に表された個性のある画家の絵を鑑賞しませんか?
2024年2月10日(土)から4月7日(日)まで
小杉放菴記念日光美術館で展覧会「線ー表現の究極ー」が開催されます。

2024年2月17日(土)、3月9日(土)、3月23日(土)には担当学芸員によるギャラリー・トークが開催されるようです。時間は11:00から1時間程度。予約は不要です。時間までに集合とのこと。

入館料のみで参加できます。より詳しいお話しが聞けるチャンスです。学芸員の方からお話しを聞くことで、作品の新たな見方や楽しみ方が広がります。

小杉放菴記念日光美術館の開館時間は9:30~17:00(入館は16:30まで)。休館日は毎週月曜日です。祝日・振替休日のときは開館し、その翌日が休館とのこと。そのため、2月12日(月祝)は開館し、翌日の2月13日(火)は休館。

日光市民の方はお得な料金300円で鑑賞できます。第3日曜日の2月18日(日)、3月17日(日)は「家庭の日」として大学生以下は入館無料。この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

小杉放菴記念日光美術館はこちら↓

2024/02/07 23:00 2024/02/07 23:15
すずめ

号外NETの広告出稿はこちら

号外NETメルマガ

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外net 全国で地域ライター募集